エクオールは成熟女性の輝きの鍵!

Pocket

女性の身体は40歳を過ぎたころから卵巣機能が徐々に衰え、やがて閉経を迎えます。

この閉経をはさんだ前後約10年を「更年期」といいます。

この時期になると、卵巣から分泌される女性ホルモンの一つであるエストロゲンが急激に減少し、
体の中のホルモンバランスが乱れます。

ホルモンバランスが乱れると自律神経の調節が乱れて、
ほてり・のぼせ・冷えなど、体にさまざまな不調が現れます。

その症状は実に様々で、100種類におよぶともいわれており、
約9割の女性が何らかの不快症状を感じます。

 

%e5%88%86%e6%b3%8c%e9%87%8f

 

大事なのは、女性ホルモンと似た働きをする「エクオール」と判明!

つらい大人の女性のゆらぎをやわらげるのが、
大豆製品。

近年の研究で、この作用をもたらしているのは、
大豆イソフラボンを摂取した時に
腸内で代謝される女性ホルモンと似た働きを持つ
「エクオール」という物質であることが解明されました。

 

 

大事なのは、 大豆を食べたときに腸内で代謝される女性ホルモン様物質 「エクオール」と判明

日本人女性の約50%がエクオールを作れない状況

市場ではイソフラボンを主成分としたサプリメントが流通していますが、
実は日本人の2人に1人、欧米人では3人に2人が、
イソフラボンから女性ホルモン様物質エクオールを
産生するために必要な腸内細菌を持っていないのです。

これらの方は、
大豆製品を食べても、
イソフラボンのサプリメントを摂取しても、
エクオールが体内にほとんど届かないため、
対策になっていないのです。

しかも、近年日本人の豆類摂取量は減少しており、
エクオールを産生できる方でも、
十分な恩恵を受けられていない状況が懸念されています。

 

体質に関わらず、「エクオール」そのものの直接摂取が鍵!

より効果的な対策は、 女性の味方「エクオール」そのものを摂取すること。

 

「命の母」の小林製薬が、不調に悩む女性を応援!

発酵技術の進歩により、
大豆イソフラボンを発酵させて
「エクオール」を作ることができるようになりました。

 

抽出したエクオールを効率よく補給できるように
サプリメントとして作り上げたのが、小林製薬の

『発酵大豆イソフラボン エクオール』

です。

 

 

これからも元気で素敵な毎日を目指していきましょう。

『発酵大豆イソフラボン エクオール』は女性のQOL向上の強い味方です。

女性ホルモンのバランスが崩れると 身体と心に様々な影響が出てきてしまいます。

「ほてり」「のぼせ」「イライラ」などの不調を 「年齢のせいだから仕方ない」と我慢せず、
『発酵大豆イソフラボン エクオール』をぜひお試しください。

『発酵大豆イソフラボン エクオール』によれば、
大豆イソフラボンでは1/2の女性が代謝できなかった
女性ホルモン様物質「エクオール」が直接取れます。

大豆イソフラボンをエクオールに代謝できない方にも、
大豆製品をあまり召し上がらない方にも!

大人の女性のゆらぎのための、新世代サプリメントです。

大豆由来の安心で身体に優しいサプリメント。

ホルモン療法はちょっと不安・・・とお感じの方にも。

大豆イソフラボンでは1/2の女性が代謝できなかった
女性ホルモン様物質「エクオール」が直接取れます。

お腹の中でエクオールが作られる工程を、
健常な日本人が持っている腸内微生物を使ってタンクの中に再現しました。

小林製薬のサプリメントは、GMP認定工場で生産されています。

「年齢と共に、調子が悪くなるのは仕方がない」 とあきらめて見過ごしがちなちょっとした変化も、
実はホルモンバランスの乱れによるものかもしれません。

参照サイト エクオールで更年期障害を緩和! 高いエストロゲン活性!
記事1 エクオールとは?
記事2 エクオールは大豆由来の成分
記事3 エクオールは成熟女性の輝きの鍵!
Pocket

エクオールは大豆由来の成分

Pocket

 

「エクオール」とは、大豆に含まれる大豆イソフラボン由来の成分です。

%e5%a4%a7%e8%b1%86%e3%82%a4%e3%82%bd%e3%83%95%e3%83%a9%e3%83%9c%e3%83%b3

女性の強い味方と言われる大豆ですが、
それは、大豆には女性ホルモンのエストロゲンに似た働きをする成分が含まれているからです。

これまでは、大豆イソフラボンによるものだと言われてきましたが、
最近、そのパワーの源が「エクオール」という成分だということが分かってきました。

エクオールは、大豆イソフラボンのひとつ、
ダイゼインという成分がお腹のなかで腸内細菌と反応して産まれる成分で、
女性の健康に役立つ様々な働きをしていたのです。

特に、更年期世代の女性は、ホルモンバランスの崩れにより様々な不調を感じます。
そんな女性たちにとってエクオールは、まさに救世主と言えるかもしれません。

 

エクオールは体内で生成出来る人と出来ない人がいる?

しかし、女性ホルモンに似た成分「エクオール」は、
全ての人が体内で生成できるわけではありません。

大豆イソフラボンからエクオールを生成するには、
特別な腸内細菌が必要で、全ての人の腸内にあるわけではありません。
その割合は、日本人では50%、つまり2人に1人はエクオールを体内で生成できません。

 

更年期と女性ホルモン

更年期とは、閉経の前後10年ほどの女性ホルモンのゆらぎが生じる期間を指します。
そして、更年期になると女性ホルモンが急激に減少します。

女性ホルモンには、
卵巣から分泌されるエストロゲンと
プロゲステロンの2種類があります。

そのうち、エストロゲンが女性らしさをつくるホルモンであり、
成長とともに増え、卵巣や子宮などの生殖器の発育を促進させ、
女性らしい丸みのある体型をつくったり、肌を美しく保つ作用があります。

20代でピークを迎え、その後減少していき、
30代頃から妊娠力が低下しはじめ、
45歳頃から月経が乱れ始めます。
そして、更年期を迎えると急激に女性ホルモンが減少します。

女性ホルモンは、妊娠や出産だけでなく、
自律神経や免疫機能、脳や細胞の働きとも関係が深いホルモンです。

このため、女性ホルモンのゆらぎとともに、
体のいたるところに変調を感じるようになります。

ホルモン量の変化

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

更年期に見られる症状

更年期の急激な女性ホルモンの減少に、体がついていくことができなくなると、
様々な症状があらわれます。

代表的なのが、「ホットフラッシュ」と呼ばれるのぼせや発汗などの症状です。

それ以外にも不快感やイライラ、抑うつ感などの精神症状、首や肩のこり、腰痛や関節痛を感じる人もいます。

症状のあらわれかたには個人差があり、
寝込むほどひどい症状の人もいれば、
体の不調をほとんど感じない人もいます。

また、更年期は、乳がんや子宮体がんなどを発症しやすい時期でもあるので、
気になることがあったら婦人科で調べてもらう事をお勧めします。

 

更年期にあらわれやすい主な症状

のぼせ、ほてり、発汗、口の乾き、喉のつかえ、肩こり

頭痛、めまい、耳鳴り、動悸、息切れ

膣炎、性交痛、頻尿

食欲不振、吐き気、便秘、下痢

気分の落ち込み、不眠、イライラ感、疲労感、物忘れ、集中力の低下

皮膚や粘膜の乾燥、かゆみ

むくみ、しびれ、手足の痛み、関節痛、筋肉痛

 

更年期にあらわれる症状に対するエクオールの効果

エクオールは女性ホルモンに似た働きをすることから、
更年期にあらわれる症状だけでなく、
閉経後にわらわれる骨粗しょう症や、生活習慣病に有効であるといわれています。

実際これまでの研究から、
エクオールを摂取し続けた人とそうでない人を比べると、
更年期時にあらわれる様々な症状が軽減される、
という結果が出ています。

また、閉経後に現れる症状に対しても同様に、
エクオールを摂取し続けた方が、症状が改善される結果が報告されています。

 

エクオールの摂取方法

更年期の症状に効果的なエクオールですが、摂取方法が大きく2つあります。

1つ目は、食事から大豆を摂取する方法です。
この方法は、納豆、味噌、おから、豆腐など、
大豆由来の食品を口にすることで無理なくエクオールを摂取できます。

ただし、この方法は、エクオールを体内でつくれる人にしか有効ではありません。

そこで、エクオールを体内でつくれない人でも摂取可能な方法が2つ目の方法で、
それはサプリメントから摂取する方法です。

これまでは、大豆イソフラボンを含有したサプリメントしかなかったのですが、
近年エクオール含有サプリメントも登場しています。

 

 

女性の味方「エクオール」を直接摂ろう!

「命の母」の小林製薬が、不調に悩む女性を応援!

発酵技術の進歩により、
大豆イソフラボンを発酵させて
「エクオール」を作ることができるようになりました。

抽出したエクオールを効率よく補給できるように
サプリメントとして作り上げたのが、小林製薬の
『発酵大豆イソフラボン エクオール』

 

Pocket

エクオールとは?

Pocket

大豆には、イソフラボンという成分が含まれています。

 

イソフラボンは、
その構造が女性ホルモン(エストロゲン)に似ていることから、
女性ホルモン様作用をもっており、
更年期症状の緩和や骨密度の維持に対する効果が知られてきました。

 

また、厚生労働省研究班による大規模コホート研究でも、
食品からのイソフラボン摂取量が多いほど、
日本人女性の乳がんや脳梗塞、心筋梗塞のリスクが低下し、
男性の一部でも前立腺がんのリスクが低下する
という研究報告が出されています。

 

大豆イソフラボンの健康効果は、
個人差があるということが近年の研究で明らかになってきました。

 

食事から摂った大豆イソフラボン(ダイゼイン)は腸から吸収されますが、
そのときに、ダイゼインという成分のまま吸収される人と、
エクオールという成分として吸収される人がいます。

 

この違いによってイソフラボンの健康効果に差がうまれ、
エクオールの方がより高いエストロゲン活性を持つことがわかってきました。

 

エクオールは、我々の腸内で腸内細菌により作られています。

 

ところが、エクオールをつくれる人とつくれない人がいるのです。
これは、最近注目されている腸内フローラがカギを握っています。

 

ヒトの大腸には様々な腸内細菌が棲んでいますが、
その中に、
大豆イソフラボン(ダイゼイン)をエクオールに変換してくれる
「エクオール産生菌」と呼ばれる腸内細菌が見つかり、
このエクオール産生菌がいる(活動している)かどうかが
重要だということがわかりました。

エクオール産生菌はこれまで10種類ほど見つかっていますが、
まだ未知の産生菌がいる可能性があります。

エクオールをつくれる人はどれくらいいるのでしょうか?

エクオールをつくれる人の割合は、
いろいろな研究で報告されており、
日本人で50%程度、欧米人では20~30%といわれています。

日本以外で、エクオール産生者が多い国をみますと、
中国や韓国、台湾など、いずれも大豆をよく食べている地域であることが知られています。

国や地域によるエクオール産生率の差は、大豆の摂取量や食生活による腸内環境の違いが理由ではないかと考えられています。

エクオールをつくれない人が増えている?

2人に1人がエクオールをつくれる日本人ですが、
年齢が若くなるにつれてエクオール産生率は低下しています。

10代20代の若い世代では欧米人と同じくらいの人しかエクオールをつくれていないという研究が報告されており、
大学生や高校生では20%前後しかエクオール産生者がいないことが明らかになってきました。

なぜ若い人でエクオールをつくれない人が増えているのでしょうか。

これは、食生活の変化が原因ではないかと考えられています。

日本人の豆類摂取量のうち97%は大豆が占めています。
豆類の摂取量は60代が最も多く、若くなるにしたがって食べる量は減っています。
政府の目標摂取量は100gですので、エクオール産生菌を維持するためにも、毎日の食事にもっと大豆を取り入れることが必要です。

腸内細菌のエサとなる栄養成分に食物繊維があります。

こちらも60代の方が最もたくさん食べています。
若い人との差は、1日あたり5g。これはレタスまるごと1個分の食物繊維量に相当します。

根菜や海草、キノコなど、食物繊維の豊富な食材を毎日の食卓に取り入れることで、
腸内環境を改善していきましょう。

エクオール産生能だけでなく、腸内フローラを整えることはお通じや免疫能にも効果があるといわれています。

ただし腸内環境は、これまでの食生活の積み重ねで形成されてきたものですので、
すぐに変わるものではありません。

毎日の食事を少しずつ見直し、バランスのとれた食生活を継続することが大切です。

腸内フローラの形成は、離乳期から小児期にかけての食生活の影響を大きく受けるといわれています。

将来の健康のためにも、小さいお子様がいるご家庭では、
ぜひ毎日の献立に大豆食品を取り入れていただければと願っています。

腸内フローラは、日々のストレスや睡眠、運動量など様々な生活習慣から影響を受けていると言われています。

どういう食事や生活習慣でエクオール菌が定着し、増えていくのか、多くの研究が進みつつありますので、今後の研究成果にぜひ期待してください。

大豆を「毎日」食べよう!

毎日食べている人と、普段大豆をあまり食べていない人で、エクオールを作れる人の割合がどれくらい違うでしょうか?

あまり食べない人は24%、
ほとんど毎日食べている人は50%。

大豆を食べる頻度でエクオールを作れる人の割合は2倍も違っていました。

エクオール菌にしっかり活動してもらうためは、豆腐や納豆、豆乳などの大豆食品を毎日食べるが大切であるようです。

また大豆イソフラボンは、
食べて1~2日すると尿から排泄されてしまいますので、
一度にたくさんの量を食べてもその効果は長続きしません。

大豆食品から食べる場合でも、
サプリメントから摂る場合でも、
適量を毎日食べ続けることが大豆を食べるコツといえそうです。

エクオールをつくれる人は、
大豆の健康効果を効率よく得られることができると言われていますが、
どのような健康効果と関係があるのでしょうか。

女性ホルモンは、骨からカルシウムが溶け出すのを押さえる効果があります。

ですので、更年期を過ぎて女性ホルモン分泌量が低下すると、
年間約2%ほど骨量が減っていきます。

ですので、とくに高齢女性は骨粗しょう症や骨折に気を付ける必要があると言われているのです。

大豆イソフラボンはそのエストロゲン様作用によって、
骨からカルシウムが溶け出すことを押さえるはたらきが知られています。

更年期以降の女性に2年間、毎日豆乳500ml(イソフラボン量で約100㎎)を飲んでもらったところ、
イソフラボンを摂らないグループは骨密度が約4%低下したのに対し、
イソフラボンを摂ったグループは低下しませんでした。

ただし、その改善率には個人差があり、
エクオールを作れる人の方が、良い成績が得られたことが報告されています。

エクオールと更年期症状

大豆イソフラボンやエクオールは、
腸から吸収されて体内で作用した後、
1ないし2日程度で尿から排泄されます
(つまり、大豆は毎日食べることが大切です)

更年期の女性を対象として、
尿中のイソフラボン類の排泄量と更年期症状について調べたところ、
大豆そのものに含まれているイソフラボン(ダイゼインやゲニステイン)の
尿中排泄量と更年期症状の重い軽いには差が見られませんでした。

一方、尿中のエクオール量だけは、
更年期症状の重い人の方が低いという結果となりました。

これは、エクオールをつくれる人は、
更年期症状が軽い人が多かったということを示しています。

また、エクオールが更年期の「ほてり」や「首や肩のこり」を和らげるという研究結果が報告されています。

研究データによると、
40~50代の方で「更年期症状がない」方のエクオール産生率は43%でした。

一方、何らかの更年期症状があるとお答えいただいた方の産生率は、30~39%でした。

頭痛(30%)や腰や手足の冷え(31%)、不眠(31%)、顔のほてり(32%)、
のぼせ(32%)などの症状を感じていらっしゃる方は、
エクオールが作れない人が多いようです。

エクオールと肌機能

エクオールは、お肌の老化とも関係があるのでしょうか?

エクオールをつくれない閉経後5年未満の女性に集まってもらい、大豆を発酵させて作ったエクオールサプリメントを12週間毎日食べてもらったときに肌機能がどう変わったかという研究です。

12週間のエクオール摂取によって、目じりのシワ(面積率と一番深いシワの深さ)を測定したところ、目じりのシワの進行を押さえるという結果が報告されています。

生活習慣とエクオール産生能

毎日の食事や生活習慣とエクオール産生能の関係について、
いくかの研究が報告されていますが、
まだはっきりしたことはわかっていません。

日本人を対象とした研究では、

緑茶をよく飲む人は、エクオールを作れる人が多い。

タバコを吸う人は、エクオールを作れない人が多い。

乳製品の摂取量が多い人は、エクオールを作れない人が多い。

欧米では、

ベジタリアンは、エクオールを作れる人が多い。

魚油(ω-3系脂質)を多く食べている人は、エクオール作れる人が多い。

という報告があります。

[注記] この記事は、大学や研究機関にて研究され論文または学会発表で公表されたデータを引用して紹介しています。

 

大豆に含まれるイソフラボンという成分が女性ホルモンと似ていることから、
豆腐や納豆などを意識的に食べている方も多いと思います。

しかし近年の研究により、
大豆イソフラボンが、
お腹の中の腸内細菌によって
「エクオール」という成分に変換されることで、
女性ホルモンと似た働きを発揮することがわかってきました。

ところが、
この「エクオール」を体内で作り出すことができるのは、
日本人の場合2人に1人といわれています。

つまり、大豆食品を食べても効果を実感しにくい方がたくさんいるのです。

Pocket